365 Days Of R&B/SOUL

R&B/ソウル系アーティストの誕生日をご紹介しています

ノーマン・ブラウン


ノーマン・ブラウン(Norman BROWN)

1963年12月18日ルイジアナ州シュリーブポート生まれ。

育ったのは、ミズーリ州カンザス・シティ。スムース・ジャズ系のギタリスト。8歳からギターを演奏。父親の影響でウェス・モンゴメリーに傾倒し、自身のプレイ・スタイルを形成した。ハイスクールを卒業後、カリフォルニア州ロサンゼルスに移住。本格的にジャズ・ギターを習得して、モージャズ・レーベルからデビュー。R&Bチャートでは、シングル・ヒット1曲、チャートイン・アルバム7作。なお、誕生年を「1970年」とする資料もある。


紹介したCDは、2012年の「24/7」。ジェラルド・アルブライト(Gerald Albright)との共演盤。両者のセルフ・プロデュースを中心に、ハーマン・ジャクソンも制作に参加。ニーヨの "Champagne Life" をカバー。サックスとギターの豪華なコラボレーション。アマゾン→

(スムース・ジャズ)

[ ノーマン・ブラウンであと5枚 ]


「Sending My Love」。2010年の8作め。プロデューサーは、ハーマン・ジャクソンと、ノーマン・ブラウン。サウンズ・オブ・ブラックネス(The Sounds Of Blackness)との共演もある。端正な音色が映える充実作。アマゾン→

(スムース・ジャズ)


「Stay With Me」。2007年の7作め。プロデューサーは、ハーマン・ジャクソン、ロイド・タルバート、ポール・ブラウン、ブライアン・マックナイトBrian McKnight)。柔らかなセミアコースティック・ギターの音色を活かしたインストゥルメンタルが中心。ブライアン・マックナイトがリード・ヴォーカルをとる曲もある。アマゾン→

(スムース・ジャズ/アーバン・コンテンポラリー)


「West Coast Coolin'」。2004年の6作め。マーヴィン・ゲイMarvin Gaye)の "What's Goin' On" をインストゥルメンタルでカバー。プロデューサーは、ジェームス・ポイザー、ヴィクター・デュプレックス、ポール・ブラウンなど。ヴォーカル入りの曲もあって、幅広く楽しめる。アマゾン→

(スムース・ジャズ/アーバン・コンテンポラリー)


「Better Days Ahead」。1996年のサード・アルバム。ノーマン・ブラウンのセルフ・プロデュース作。他に、キャラクターズが、2曲を制作。アース・ウインド&ファイアーEarth, Wind & Fire)の "After The Love Has Gone"、R・ケリーR. Kelly)の "Your Body's Callin'" をカバー。極上のギター・インストゥルメンタルアマゾン→

(スムース・ジャズ/アーバン・コンテンポラリー)


【NEW】「After The Storm」。1994年のセカンド・アルバム。ヒット曲 "That's The Way Love Goes" を収録。ルーサー・ヴァンドロスの "Any Love"、アイズレー・ブラザーズの "For The Love Of You" をカバー。ノーマン・ブラウンのセルフ・プロデュース。瑞々しいギターの音色が爽やか。アマゾン→

(スムース・ジャズ/アーバン・コンテンポラリー)